マニュアル育児

マニュアル(育児本)とはまったく違った育児の思い出備忘録、時々ペット

2019/08/23(Fri)

自分で決めます 〜先取り学習〜

幼稚園児になってから
しまじろうを取っていた。


歯磨きや交通ルール等、
年齢に合わせた内容が多く
子供も楽しく見ていた。

が、年中になってからあまり見なくなった。

「見ないなら勿体無いから来年は辞める?」
と聞いたところ、

「つまらないから、これに変えて欲しい」と、
進研ゼミ小学1年生講座を指差した(⊙ө⊙)


えっ?!これ小学生用だよ?


どうやら付録の時計が欲しかったらしく、
時計は別の物を買うとして、
もう少し年齢に合う物にしたら?と
わかりやすく噛み砕いて説明したが、
ガンとして譲らない。


子供は何かをねだる事がなかった。
スーパー行っても一緒に回り、
お菓子は1個ね、と言えば1個しか選ばない。
そもそも言わないと忘れるくらい…


玩具を買って欲しいと言われた事もなく、
欲しい?買う?と聞かなければならないほどだった。
毎年プレゼント選びに困っていたw


そう、だからこそ、
自分から言った事は変えない、折れない。


言い出した事を変えないのは
ピアノ教室の件もあり薄々わかっていたし、
子供が興味を示すなら悪い物でもないし、と
年長からはチャレンジ1年生を取った。


ここで子供は『漢字』の存在を知る。
今までも目にしていたが、
『読めるもの』と認識したらしい。


ある日トイザらスで
「これを買ってほしい」と言われた。

えっ?!うそ?買ってって言った???
と✧ฺ+(0゚・∀・) + ワクテカ✧ฺ+して見ると、




漢字ポスター……

( ´_ゝ`)フッ…
ママはもう驚きませんよ。
文字への興味が強いんですね、
ハイ、ワカリマシタ(ㆆ_ㆆ)


当時は先取り学習に懐疑的であったが、
子供の知的欲求を無視するほどの信念はなかった。



おまけ

お友達の家へ遊びに行った時、
ボードゲームやろう!と誘われた子供

初めて見る物だったので、
まず説明書をじっくり読み始めた……

お友達はそんな子供を待てず他の遊びへ…

ママ友は
「もう読めるの?
取説読む幼稚園児初めて見たよ〜」
と笑っていたw



こうしてまた一歩、想像していた男子育児とは
違う方向へ進んでいる…と
現実を受け入れ始めた頃。


web拍手 by FC2


ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 子育てブログ 子供とペットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する