マニュアル育児

マニュアル(育児本)とはまったく違った育児の思い出備忘録、時々ペット

2019/10/30(Wed)

運動会の思い出

運動会…それは…
子供達の成長や
競技を見るのも楽しみの1つだが、
明るくなりきらない時間から
寒さと強烈な眠気との戦いの日でもあるw
場所取りは幼稚園〜小学校卒業するまで
全て夫が並んでいた。

私は前日に用意出来る物は全て仕込み、
朝はポテトとチューリップ(唐揚げ)を揚げ、
おにぎりを握るだけにして、
あとは詰めればいいようにしてあった。

写メを撮って毎年ほぼ同じメニュー&盛り付けで
9年間乗り切ったw


園と小学校2つともお昼は親子で食べる学校だった。
お友達の小学校では、
子供だけ教室に戻りお弁当を食べるそうだ。
見に来られない家庭に配慮って事らしい…
お友達はお弁当が子供の分だけで楽だけど、
大人は1度帰るか、
どこかに食べに行って戻るので、
それはそれで面倒くさいと言っていた。
家族分作る人も居て、
生徒は教室、他の家族は校庭で食べるという
変な現象も起きる。


休みを思うように取れない職業があるのはわかる。
わかるが、年1の行事に祖父母や両親、
親類縁者が1人も来られない家庭って
どのくらいあるんだろう?

私は運動会は親子でお昼を食べたい。
仕度は大変だし、眠いし、
子供を探し、写真やビデオ撮りで
終わればグッタリだが、
それでも家族でお重に詰めたお弁当を囲みたい。

お友達の学校でお弁当の用意が終わってから延期の連絡があり、
翌日はもうお惣菜を詰めたと言っていた事も。
スーパーのお弁当や
マックを買って来て食べている家族も居た。

子供の頃、家族が来られない子は
弁当持参でお友達家族の所で食べたり、
先生と食べていた。

少数派を無視していいわけではないけど、
過剰に配慮するのはどうかと思う。
逆を言えば、多数派を無視してる事じゃないか?とも思う。

運動会①

正座している唯一の写真w
この後すぐやめさせたけど…
翌年からは折りたたみミニ椅子と
ピクニック用ミニテーブルにした。


最初の学校は子供達が教室から持って来た椅子に座り、
立ち上がると先生に注意され、
後ろの見えにくい子達は
待ち時間ばかりが長くつまらなかったそうだ。
暇?な子供は揉め事も増える。

転校した学校は椅子に立とうが、
場所移動してようが、
応援や練習してる限りまったく注意されず、
子供達は皆運動会を楽しんでいた。
もちろん見回りの先生もいるので、
トラブルは少なかったと思う。


びっくりした事。
日影の校庭がまったく見えない場所に陣取り、
スマホ三昧で何しに来たのかわからない人。
飲酒してる人(もちろん禁止)。
親族勢揃い?くらいの団体で騒ぐ家族。
叱咤激励?して子供泣かしてる親…


現在、息子の学校は
小学校時代とは全く違うので、
また別の意味でびっくりなのだが、
詳しく書くと特定に繋がるので控えます
(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾
ゆる〜い雰囲気ながら
競技は真剣勝負、応援も一生懸命していて
子供達はとても楽しそうである。
業者が入っているので
ブルーレイかDVD買えばいいので楽。
ちなみに、お昼は別々であるw


ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



2019/10/28(Mon)

秘かな楽しみ

転校した学校は毎朝集団登校だった。

ある日、同じ班のママに
「息子君足長いですよね〜どうしてですか?
何かしてました?」
と聞かれた。

いや、どうしてってw

そんなに知りたいならば
秘伝を伝授しよう(≖ᴗ≖ )

とは言えないので、
幼少期から正座をさせなかった
とふつうに話した。


大きな声では言えないが、
私と身長差があるのに股下がほぼ同じな夫。
夫のDNAしか入ってないんかい!
と思うほどそっくりな息子。
このままじゃ短足に…

科学的根拠があるのかは知らないし、
都市伝説レベルでもいいので、
正座は足を長くするのによくない、
を信じたw

息子が幼児の頃は和室のある家だったが、
正座させないようにしていた。
小さい子って何故か椅子の上でも正座するので、
都度声掛けをしていた。
正座をさせない、これを徹底していた。

都市伝説だろうが何だろうが
足が長くなりホッとしているw


小さい頃から正座をしてないせいか
武道の授業で正座が出来なくて
足が痛いと苦情を言ってきた息子に
一生短足より何光年マシなんだ!
と強引に黙らせたw

顔が小さく、腰の位置が高くて手足が長い、
スラッとしている息子の容姿を
見るのが秘かな楽しみである。


最近夫より身長が少し高くなった息子が
自分の方が断然足が長いのに気づいた頃。


ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
関連記事
2019/10/26(Sat)

デグーケージ完成:時々ペット

デグーケージ完成(*´꒳`*ノノ゙パチパチ

デグーケージ①

前より横幅短くなったけど
奥行きは長くなったので
床面積自体は広くなった。

観音開きにしたけど、
両端が棚の支柱にかぶり、
片側開かないwww
夫の計測ミスだろうかw

開かないついでに
デグーは意外と力あるし
3台とも片側は開かないように固定した。

ドアは下側を打掛鍵、
上は片側両面に家具スベールを貼り
スライドにした。


ドアと側面が異素材のため
蝶番の接着剤を別々に買わなきゃいけなかったり、
接着剤が24時間乾燥しなきゃで
完成までちょっと時間がかかってしまった。
蝶番は養生テープで上から補強。


うさ暖をケージ下に入れるため
100均の木材で底上げ。
ピッタリサイズがあって切らずに済んで
100均って超便利ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)


ホイールを直置きすると動くので
100均で板を買い、
窪みを作って足をはめて固定。
デグーはホイールでおしっこする事が
1番多いので木が吸っていい感じ。
洗い替えも用意した。


天板は穴開き加工済の物。
水ボトル用に大きめの穴を開けた。
衣装ケースの時にも大活躍した
ホットカッター




蝶番をつけるための加工にも役立った。


当初はホムセンで材料を買い、
木材しかカットしてくれないので
自力でカットするつもりだったけど、
ネットで寸法通りにカットしてくれるとこを見つけ、
3台分でパーツ数も多いのでそこに頼んだ。
加工料払っても自力でやるより断然楽なので
良かったと思う。


アクリルで透明なので
写真撮れまくり〜

デグーケージ②

が、色んな物が写りこむwww


棚購入し、ペットマンションwにした頃

デグーケージ③


衣装ケースの頃

デグーケージ④

これでデグーケージは最終形態かな。
チモシーと同じくジプシーしたので感慨深いw
3匹とも4歳を過ぎ、
モモたんとモカたんは年明けに5歳になる。
新しくなったケージで
おやつもあげやすくなり
沢山コミュニケーション取って
長生きしてもらいたい(* ॑꒳ ॑*  )

制作費1台1万ちょっと。
寸法通りに作ってくれる所よりは
断然お安く仕上がりました。


ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
2019/10/23(Wed)

塾での面談

3年生から通っていた塾で
全国テストがあった。

順位は忘れてしまったが
上位の方に息子の名前が載っていた。

あらっ?勉強出来るのかしら?
と、学校以外のテストを受けたのが
初めてだったので、ほんの少し期待した。


テスト後に塾で面談があった。
無料で通ってるのに手厚いw
副塾長が担当してくれた。

この副塾長て人がとても面白かった。
ぶっちゃけ話が多く、
地域の学力の低さ〜塾裏話まで
多岐に渡り色々話してくれ、
面談前は営業トークされるのかな〜
と思っていたのに良い意味で裏切られた。

その時に息子の事を
「彼は十把一絡げな公立は向いてないね。
似たようなレベル、雰囲気の子がいる学校がいいよ。
受験するなら出来れば私立が向いてると思うよ、
学校によって色々特色あるから。」
と、薄々思っていた事をズバリ言われた。

「あ、中学受験するならね、
ここにも私立コースは一応あるけど、
正直違う塾がいいよw
こんな事僕が言っちゃいけないけどwww」
と最後までぶっちゃけてる人だったʬʬꉂ(˃̤▿˂̤ *)


テスト結果と塾の話、本人の希望もあり、
『中学受験』をしようと
この時から本気で意識したんだと思う。

夫にも4年生から本格的な受験塾への
転塾を考えていると話した。


塾に湯水のようにお金が掛かる事を知らない
ド素人夫婦だった頃w


ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
2019/10/21(Mon)

おもちたん病院へ:時々ペット

いつも通り朝の餌やりタイム。

おもちたんの砂浴び兼トイレ、
砂が全部濡れていた(;゚Д゚艸)



ゴールデン用の大きめなバスだけど、
厚さ約2cmの砂が全部ビッショリ。
飲み水もいつもの倍減っている。


次の日も同じだったので
ネットで検索すると
『腎臓系、糖尿病、膀胱炎』等ヒットする。


いつもの病院に予約を入れて診てもらう。

あれ?誰この人?(*´・д・)?
先生若くなってね?

いつもの先生ではなかった。
小さめな声でモソモソ何喋ってんだか
よく聞き取れない。
色々話していたが、
どうするのかハッキリしない…
「で?どうしたらいいんですか?」
といちいち聞かないと指示がない…
簡易検査キット出しますね〜じゃ
わかんらんよ!
どの位の間隔で検査して、
結果は電話で伝えんのか
予約して見せに来んのかまで
こっちから言わないとだめ?


診察の時も
タオルで掴むのはわかるけど、
誰がどう見てもおっかなびっくり。
明らかに噛まれるのを怖がっている。
ハムスターは首の後ろ掴むと
口も見えるし、大人しくなるんですが…
もうこの先生に診てもらいたくない…


簡易検査キットを使用して
翌日再び病院へ問い合わせ。

検査キット


うげっ…昨日の先生が電話出ちゃった…

数値伝えても、どうすんのかモゴモゴしててわからん…
「朝尿が採れたら病院の予約取ればいいですか?」
って患者から聞く事?


翌朝尿が採れたので電話すると
いつもの受付の人が出た。
「先日の先生ではなく、院長先生で予約したい」
と伝えるも何か話が噛み合わない。

よくよく聞くと先日の若い先生が
院長だったΣ( Д )ﻌﻌﻌﻌ⊙ ⊙


あれ?いつも診てくれてた先生の事
院長て呼んでなかった?
代替わりする程の歳には見えなかったけど?


以前から診てくれた先生がいい、と伝えると
今は月に2回しか来てないとの事だった。
その先生しか居ない病院だと思ってたので、
いつもミラクルラッキーで予約取れてたの?


かかりつけ医なのに
担当医の名前を初めて知る私もどうかと思うが、
ネット検索すると著書を何冊も出してるような先生だった。

マジっすか…(⊙ө⊙)
今まで知らなくてすんません…
待合室に置いてあるのは
先生の著書だったんすね…
モルモットとかデグーのじゃなかったから
スルーしてました…マジすんません…


著書先生の日に予約をし
朝の採れたて尿を持参して病院へ。

先生は簡易検査結果を見て腎臓系を疑っていたが、
顕微検査しても何も出ない…
血液検査や他の検査もしたいが、
ハムスターは全身麻酔するため
どんどん体重が落ちている今の状態では
リスクが高く出来ない、
まずは毎日2回の体重測定をして
増減を記録してほしい、
体重が増えれば検査も出来る。
まずは体重を増やしましょう、
と滑らかにその他のリスクや
様子の見方、治療方針を話した。

流れるような説明、不安点の相談にのってくれる、やっぱこうだよねえ。


エキゾチックアニマルを診てくれ、
かつ相性がいい先生見つけるの大変なのに、
この先生居なくなったらどうしよ…


おもちたんの体重は現在70g
先週より5gも減っている…
ゴールデンなら100〜120gくらいあってもいいはず。
このまま減る一方だと衰弱死してしまう…


夜行性とは思えないくらい
朝から元気にホイールで走り、
おやつもガンガンねだり、
昼間も出せ出せ〜とアピールして
部屋ん歩しまくりな姿からは
とてもどこか悪くは見えない。


体重増えますように(人ω<`;)

ハムスター①


ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村
2019/10/17(Thu)

デグーケージ製作途中経過:時々ペット

いつも訪問して頂いてありがとうございます。
先週から体調が悪く
予約してた分のアップが終わってしまい
更新出来てません┏○ペコッ
また来週から更新していきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
皆様におきましても
季節柄ご自愛くださいませ。


制作途中のデグーケージ


材料

ケージ①

ドアはアクリル、それ以外は塩ビ、
枠はアルミ



組み立て

ケージ②



ドア仮留め

ケージ③



セットアップ&デグー仮入れw

ケージ④

イメージ掴めてきました。
もうすぐ完成〜




ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
関連記事
2019/10/11(Fri)

息子について

息子は小さい時から自他共に認める
いわゆる『育てやすい子』であった。

学童期になると徐々に
もしかして育てにくい?かも?
とハッキリ言えるほどの事でもない状態が
私を非常に悩ませた。

1つ1つは大した事でもなく、
「男子あるある」でもあり、
他者に理解して貰いにくく、
自分でも悩みどころのポイントが掴めなかった。


大きくジャンル分けするならば、
興味のない身の回りの事をやらない、
だった。

出来ない、のではなく、やらない。
息子は他人がやってくれるならば、
全力で任せてしまう。

朝起きて顔を洗うから始まり、
手洗いうがい、身支度、風呂、
全て毎日、都度、声掛けが必須だった。
食事中ですら、油断すると
明後日の方向を眺めてボンヤリしてしまう。

自分でも人から聞いたら
「あるある〜」程度の話である。


息子は困ったりしないところが
困りどころであった。
例え学校で必要な物であっても、
失くしても気にしない、
無くて出来なくても気にしないのだ。
例えばそれで怒られたとしても、
その時に少し嫌な思いをするだけで、
忘れてしまう。

忘れるというより、
過ぎた事なので気にしなくなってしまう。

失くし物なんてよくある〜と思われるが、
数と頻度が半端なかった。
文房具や学用品にいくら使ったか考えるのも嫌だ。
集金袋まで失くし大騒ぎになった事もある。

自分の興味ある方へ意識がいくので、
手に持っている物ですら落としてしまう。
声をかけないと落とした事にも気が付かない。


1つ1つが小さな事であり、
よくある現象でもあるが、
ずーっとこんな調子で困り果て、
色々調べたり、思いつく限りの事をしても改善されず、
逆にほっとくと必ず最悪の方へ進むので、
何十回も同じような事で先生から連絡がくるたび謝る日々。
何年も続くとさすがにストレスになり、
どうしたらいいのかヒントが欲しく
スクールカウンセラーに相談した。


スクールカウンセラーが
息子の様子をしばらく観察してくれた。
「確かに成長にバラつきがあると思います。
この時期バラつきがあるのは普通ですが、
息子の場合凸凹の差が大きく
大人が注目するようなところが凹んでるので気になるんです。
見方を変えれば凸のところに注目すると
伸び方がすごいって事です」
と言われた。


大いに誤解を生むだろうが、
正直、何らかの障害があるのかと、
名前がつけば気が楽になると思っていた。

スクールカウンセラーからは
「お母さんが気になさる事は十分理解出来るが、
障害があるとはとても思えない。
どうしてもと強いご希望なら
検査機関を紹介する事も出来るが…」
と言われ、
ガックリきたとは誰にも言えない。
そのくらい疲弊していた。


話は通じるし、理解もするが
まったく行動が伴わない。
息子は異星人どころか
違う次元で生きているように見えた。

息子は興味がある物と、
興味がない物の振り幅が
とても大きいのだと思う。
彼には大人の考える
『普通こうだよね』が一切適用されない。

どうしていくのか考え抜いた結果、
『彼を理解しようとするのをやめる』
だった。
「なぜ?」や「何で?」と思うから疲れるのだ。
息子は論理的思考が出来るタイプだが、
興味のない事には発揮されない。
うまく言えないが、
興味ない事は意識されない、
目の前にただ流れる映像と同じ、
ない事と同じなんだと思う。

こうやって整理出来るまで何年もかかった。
現象をただありのまま受け入れるしか
私の精神的安定はないのだった。


ありの〜ままの〜姿見せ〜るのぉよぉ〜
って歌に
「見せられる方はたまったもんじゃねえ!」
と突っ込んだ頃|ω◦) プッ


ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
関連記事
2019/10/09(Wed)

地域差

我が家より1年前くらいに引っ越したママ友が
新居の近所だった事を知りお互い驚いた。
息子と下の子が同じ歳だが小学校は違っていた。

色々話をしているうちに
お姉ちゃんが塾へ行ってると聞いた。

以前住んでいた所は
中学受験する子も多い地域だったが、
このママ友は
「受験?ないない〜うちはずっと公立よ」
と言っていた人だったので少し驚いた。

ママ友が言うには、
この辺りの学力が驚くほど低くて
将来が心配になったのと、
小学校があまり合わなくて
ほとんどの子がそのまま行く
公立中学への進学が不安になったそうだ。


そういえば、以前住んでた所より
保護者の教育への関心が低いとは思っていた。
学校も宿題はほぼなく、
夏休みの宿題ですら驚くほど少ない。


私は中学の時に2回転校している。
地域によって学力の違いがある事にとても驚いた。

子供の頃から住んでいた地域は
クラスの半分が中学受験するような
教育熱心な所だった。
公立中学もそこそこ偏差値が高かった。

2番目の学校は偏差値?何それ?
何でそんなに勉強してるの?という、
高校行かないの?ってくらい勉強出来ない子が多かった。

3番目の学校は割と普通の学校だったが、
成績が最初の学校では真ん中あたりだったのに、
卒業するまで学年10位から落ちる事がなかった事を考えると
そんなに学力が高い学校ではなかったと思う。

2回の転校から、
地域による教育水準の違いを知っていたのに
引っ越し先の学力を気にしなかったのは
失敗だった。

地域の空気感は重要だと思う。
親が教育に関心が低いと子供に伝わる
それが学校の雰囲気にもなる。
全体的に学力が低い事に気が付かず、
疑問も抱かない。
だって周りが皆そうだから。

とても恐ろしい事だと思うのだが、
誰も気にしていない。
いつか現実を突き付けられるのは
子供なのに…

周りと一緒で安心するのは危険だが、
周りと違う息子に不安を抱いていたので、
かなり説得力に欠けるけどw


外部から入って来て、
地域の当たり前が当たり前ではなかったのが
ある意味助かったのかもしれない
と思った頃。


ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
2019/10/07(Mon)

何かがおかしい…②個人面談

担任と個人面談の日。

学校生活の事や家庭での過ごし方等、
当たり障りない話しが終わり
本題に入った。

床に座っているのはどういう事なのか?
注意もせずそのままなのは何故なのか?

先生から驚愕の返事がきた。

「彼は天才かもしれません!」


………(゚Д゚)ハァ?

( 'ω')ゴメンチョットナニイッテルカワカンナイ


何言ってんだこいつ?
て、思いっきり顔に出てしまったんだろう、

「聞いてないようで、授業は聞いているんです。
質問するとちゃんと答えられるんですよ!
1回説明すれば理解出来るんです、すごいですよ」

と畳み掛けてきた…


息子を大肯定してくれて有り難いが、
この先生のせいか…と思い当たる事が…

学期途中でノートを買い替える事がなくなった
どころか真っ白
→床に座って聞いてるだけ

荷物が痛み始め、失くし物が増えた
→床にお店開くから

プリントが家に届かない
→怒られないのでだらしなくなる


まだ興奮気味に息子を褒めちぎる先生に
『問題点はそこではありません』
と遮ると
あまりの能面顔に気づいたせいか黙った。

『先生はずっと息子の担任なんですか?
次の担任が同じようにしてくれなかったら?
中学は?その先は?
ていうか、そんなの許す先生居ないですよね?
息子が床に座る事を許されてるのを疎ましく思う子が居たらどうするんですか?
俺も俺もと他の子が真似したらどうなさるんです?
怒るんですか?
息子をひいきしてる!といじめでもされたら
どう責任取るつもりなんですか?
椅子に座ってきちんと授業を受けるというのは、
教えて貰う方の礼儀でもあると教えてきました。
今が当たり前になってしまったら
先々困るのは息子なんですよ』

淡々とここまで言って
ようやく先生にも理解して頂けた。
(この3倍くらいは言った気がするが…)


周りから浮いている息子を朗らかに受け止め、
否定する事なく伸び伸びさせてくれた先生で
今でもとても感謝しているが、
それはそれ、これはこれ。


眠っていた、周りを気にせず
思うままに過ごせる図太い部分を
先生によって起こされ育てられ
増々周りから浮くようになった頃…

ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
関連記事
2019/10/06(Sun)

おはぎたんの毛並み:時々ペット

モルモットを飼いたくて
ネットで検索したりして飼う事に決めた。
ショップに行った時は、
実はテディを買うつもりだった。

お目当てのテディが居なくて、
店員に聞くと、
調子が悪くて通院してるので
店には出ていない、と言われた。

仕方ないか〜と思ってると、
「この子飼う」
と夫が言った。

目が合って寄って来た子にひとめぼれしたらしい。
その黒い毛玉がおはぎたんだった。


契約書に記入して、
抱っこすると、
お腹が市松模様なのに気がついた。
(これ市松模様て言うのかしら…)

おはぎたん模様1


きれいにくっきり分かれてて、
可愛い〜❤
(飼い主の手は加工してます|ω◦) プッ)


お腹の毛色がそのまま手足にも続いている。
おやつ欲しいと膝に乗せてくる
かわいいおてて〜

おはぎたん模様2


こちらは足

おはぎたん模様3


手の写真がわかりやすいが、
毛色に合わせて爪も同色。

黒い爪はどこで切ればいいのか
怖くて出来ない…:(´◦ω◦`):カタカタ
ので、ショップで切って貰っている。

慣れてて上手な店員さんが
いる時になるべく頼んでます。


1度爪切り中に少し体をひねるそぶりをして、
珍しいな?と思った瞬間、

ジャー

お漏らしした(;゚Д゚艸)

キャーッと焦り
アワアワする飼い主にも動じず、
そのまま爪切り続行する店員さん。

制服とはいえ、うら若きお姉さんの足が
おしっこでビッショリ……
平謝りした( 'ω' ;)

「大丈夫ですよ〜着替えありますから〜」
とニコニコしながら
「恥ずかしかったね〜ごめんね」
と、おはぎたんを撫でていた。

もうずっとここに通うしかないなw

ランキングに参加してます
ポチっとお願いします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾


にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村
関連記事
次のページ>>